人気ブログランキング | 話題のタグを見る

つじのポンコツ日記

majissukaa.exblog.jp
ブログトップ
2023年 01月 01日

年賀状マラソン2023

家を出て5分も歩けば、猫が10匹くらい居る町で暮らし始めて半年程が経過した。


明け方4時過ぎに猫の喧嘩の声で目が覚める。近所の猫たちにもどうやら派閥というものがあるらしい。
猫の世界にもきっと色々あって大変なんだよね。


すぐ隣の家にいる白猫の家族は4匹だか5匹だか、一体どこまでが家族なんだか分からないほどだし、
寒いので彼らがひっついてる様子を見ると、大きい鏡餅のように見えてくる。




昨年は、大晦日に鶯谷の萩の湯で銭湯納めをして、元日には浅草のまつり湯で銭湯始めをしたけれど、
引っ越してから都内の銭湯には殆ど行っておらず、もっぱら近所のスーパー銭湯とコミュニティ銭湯の往復の日々。


近所のコミュニティ銭湯は、450円でサウナも無料というバグった価格設定が本当に心配で、長期存続を願って可能な限り行くようにしているのですが、先日480円に価格が見直しされていたので、ちょっと良かったと思いました(そう、ちょっとだけ)


コミュニティ銭湯でよく聞く常連の横暴ぶりはそこまで無くて、見ない顔の私に対しても気さくに挨拶してくれる。
気になるとすればサウナ室にケロヨン桶を持ち込んで、それを枕にして寝ているお婆さんが居る事くらい。
あとは水風呂に貼られている「浴槽でマスクを洗わないでください」という注意書きか。




7月に流行病に倒れて、ちゃんと高熱が出て信じられないくらい喉が痛くなって数日間寝込んだ結果、体重が2キロ減った。
(元々ペラペラボディの私の体重が2キロ減るという事はかなり深刻なこと)

10日間の療養後は歩くだけで息切れするし、階段は登れないし、かなり体調に不安があったけれど
割とすぐに元気に戻った方だと思う。
社内の人の中には、コロナ後遺症で長期出社できていない人も居るので、こればかりは本当に個人差だと思った。

健康は本当に大切だよなぁ、と言いながら昼から酎ハイを飲む暮らしは果たしていつまで続くのか。




二人暮らしの良いところは、人が作ったご飯を食べることが出来る&自分が作ったご飯を食べて貰えるということ。
どちらか一方だけでは駄目で、やっぱりお互いに作ったり作られたりすることで新たな発見がある、だから料理は楽しい。

炊飯器とテレビがない家だけど、今のところ特に問題は発生しておらず、米なんかは鍋で炊く方が断然に早くてうまい。
同居人は米を炊く技術と食べる量が卓越しており、あるとき1日に7合の米を炊いている様子を見た時には流石に目を疑った。
(寝起きに激辛カレーを400グラムの米で食べてすぐ汗だくで出社していったこともあり、これは流石に笑ってしまった)

私たちは近所のJA直売所のヘビーユーザーなので、ほぼ毎週開始時刻に出向き、近所の方が作った野菜を大量購入している。
夏はピーマン、オクラ、茗荷。今の時期だと大根、白菜、ゆずがお気に入り。

いびつな形ほど愛おしいと思うのは野菜も人も皆同じだ。





春過ぎから私の貧血の要因である子宮筋腫に対する治療を開始して、とんでもなく高価な薬を飲んだりした。
(一錠飲むごとに「これが…400円…」などと遠い目をしながら)
今は薬が変わって安価なものになったのでそれ自体は良いけれど、代わりに副作用が頻発するようになってしまった。
服用期間が長くなれば体が慣れてくるという話ではあるけれど、今の不安定な症状はかなりしんどいものがある。

身体ってマジむずいっすわと言いながら水風呂で瞑想している女が居たらそれは私です。





さて、毎年恒例の年賀状マラソン、走り続けて、とうとう26年目。


宜しければお正月のお供に、まずは過去5年分の記事をどうぞ。



それでは今年も、毎度お馴染みのコピペ記事にてお送りします。

「いい加減、exciteブログからnoteに記事を移行したいと思い続けて二年が経過…」と昨年書いていましたが、今の今までそんなことすら失念しておりました。


それではどうぞ!






私はもう何年も、毎年一枚だけ年賀状を書いています。

1998年から始まったそれは、あっという間に今年で26枚目。
f0308281_12444481.jpg




わたしは16歳の頃からの欠かさない習慣として、たった一枚の年賀状を書き続けています。


教育熱心な両親の元、私は私立中学にお受験で入学した。


持ち上がりのまま付属の高校に進学したものの、ある時から急にクラスメイトに馴染めず孤立し、
実にあっさりと(ほぼ半年で)高校を辞めてしまった。
※ご存知の通りグレることなく、根暗で割と行儀のいい人間に育ちました


そんな短い高校生活のなか、授業と言えば、英語と数学だけはクラス関係無い学力別という残酷なシステムを採用していました。

数学の授業に関して見事に最低レベルクラス所属の私は授業中に500ml紙パックの苺ミルクオーレを飲みながらうたた寝をして教師に呼び出しを喰らう有様。

プールの授業後でひどく疲れていたと云う言い訳は一切聞いてもらえずよく怒られていた。
そんな数学の授業で、 うちの高校には珍しく、中学からの持ち上がりではなくて 通常の受験で入学してきた変わり者の男子生徒が居た。

仮の名を「ナタリー」とする。

当時彼は、映画の「レオン」が大好きで、 ナタリーポートマンを崇拝していた。
授業中は主にナタリーの写真の切り抜きをノートに貼る作業。
もしくは、自作の漫画やイラスト等を描いていた様に記憶している。

たまに彼と席が隣になると、馬鹿なことを話しては笑い教師に睨まれ、しかし次の週にはまたイラストを見せ合い笑い、怒られるという阿呆な日々。
f0308281_12444138.jpg
ナタリーとはクラスが違ったので、数学の授業でのみ交流があった。

風の噂でナタリーと同じクラスの子から、 「音楽の授業に早弁(腹が減ったので弁当を昼食まで待てず喰うこと)をしていた」 という伝説等を耳にした。

音楽の授業中に早弁…! 尊敬に近い感情を持ったまま、 高校からフェードアウトしてしまった私は、 なんとなくその年のお正月、彼に年賀状を出してみる事にした。

もちろん携帯電話など無いポケベル世代真っ只中。 連絡を取る手段なんて実家の電話しかない、そんな化石のような時代のおはなし。それが1998のこと。


そして。返事が来た。


以来、実に26年もの間、年賀状のみのやり取りをしている。

私もナタリーもお互い、絶対に年賀状を書き続けている。
ちなみに家は非常に近い。 実家から電車でほんの20分程度かと思われる。

しかし、ポケベル世代だった私たちは、当たり前だけれど メールアドレスも電話番号も知らないし、連絡も一切取ることなく、会ってもいない。

あの教室の、隣の席で話したっきり時間は止まり、26年が経っている。 それでも絶大な信頼感はお互いに感じていて、 それが心地よくて、毎年元旦の朝を迎えている。
以下、抜粋した記録をお届けしたいと思う。 ナタリーからの年賀状達。 (通称:「年賀状マラソン」)

年賀状マラソン2023_f0308281_18024171.jpg




1998(16歳)
「まさかつじさんから年賀状が来るなんて驚いた! 数学の授業中に話す事が出来なくて残念だけど、まぁ頑張るさ。 いつか又お洒落なハガキをください。あなたはおもしろい。」

1999(17歳)
「返事が来ないと思いつつ年賀状を書きました。 ぼくは今郵便局でバイト中です。いまでも貰ったハサミを使っていると 君のことを考える時があります」

2000(18歳)
「グレたりしないで人生を楽しんでいますか?俺は、大学に行っても勉強もしないでバイトばかりしそうな気がするので、専門に行こうかなぁと考えています。最近筋トレにハマっています」

2001(19歳)
※わたしの引っ越しの混乱により、年賀状紛失

2002(20歳)
「はるばる上野の予備校に通ったものの受験に失敗して、スベリ止めの 卵の白身のカロリーくらいしかない大学に通っています。 同じ大学の加藤あいには会えないし、つまらないです」

2003(21歳)
「俺は結局、大学を辞めてフリーターになってしまいました。 今は主婦と仲良くスーパーで働いています。趣味で料理をはじめました。 得意料理は親子丼とホットケーキです」

2004(22歳)
「俺は相変わらずフリーターのままです。働いていたスーパーが潰れたので肉屋の総菜コーナーで働いています。映画鑑賞が趣味です。 (猟奇的な彼女)には負けました。マジで面白いのでオススメです。」

2005(23歳)
「肉屋の総菜を辞めてニートを経て、化粧品のピッキングをしています。去年はよく競馬に行きました。休日は中山競馬場でオヤジ達と絶叫する日々。 映画は、スウィングガールズが良かった!」

2006(24歳)
「引っ越した。一人暮らし。貧しいけれど、自由気侭なフリーター人生。 基本週5日のバイトと、土日にたまに派遣で働いてる。 でも競馬に行ってるから貧乏な生活。クリスマスも競馬の為にアスファルトの上で場所取りしてたよ」

2007(25歳)
「なんやかんやで、つじさんとの年賀状マラソンも10年目。 お互いに年を取っちゃったね。あの日数学の授業で隣同士にならなかったら、 この手紙は有り得なかったと考えると、不思議というか、スゴイと思います」

2008(26歳)
「お元気ですか?年賀状男のナタリーです。 人生順調ですか?俺は人生初のインフルエンザになりました。 昔は、映画を作るのが夢だったけど、映画館の建設というかけ離れた仕事をしたり、競馬をしたり映画を観たりしました。 つまりは無意味な日々」

2009(27歳)
「年賀状男のナタリーです。いつかは返事の無い年がくるんだろうなぁと思い寂しく思う年末です。俺はワーキングプアの極みに達しました。 去年は人生で最も働き、最も金を使いました。週7日間働いたり、 トリプルワークにチャレンジしたり。 俺は必死に大人になる事から逃げているのかも知れません。」

2010(28歳)
「家はあるのに家には帰らず、公園のベンチで月を見ながら、 堕ちたもんだと呟く。お互い年を取ったね。今年はマンガにはまりました。 お薦めはボーイズ・オン・ザ・ラン、なにわ友あれ。 20代最後の年をマクっていきたいなぁ。 」

2011(29歳)
「酒に溺れたり、ギャンブルにハマったりろくでもない20代を過ごしましたが、 4月には30歳になります。世間じゃあダメ人間と言われる俺だけど、 なんとかなるだろう、の風まかせ精神で生きてきました。 高1を最後に一度も会わず14年目の年賀状。これって凄いよね。 つじさんの味のある年賀状が好きだなぁ。エセOL生活頑張って下さい! 俺はエセ職人。上下寅一の服で居たりする。では。」

2012(30歳)
「ずっと先だと思っていた30代、30才って大人のイメージだったなぁ。 でも現実は30才になったからと言って何かが変わるわけでもなく、一日が終わり、明日へ続く日々。 月曜日の朝にランドセルの小学生が『ジャンプ』を立ち読みしている姿を見て昔の自分を思い出しながら、その隣で『ヤンマガ』を読む。 感性は変わっても生き方は変わってない、そんな僕です。」


2013(31歳)
「2人で平成の神話を目指そう。ということでナタリーです。 プー→フリーター→ニート→ハローワーカー→就職と、ドラマチックでない ロンバケを9ヶ月程過ごしました。 ぎっちりと味のある字で読んで楽しいつじさんの年賀状を見た時に、 ananの林真理子のエッセイよりスゴイのになぁ、と思うナタリーです。 エセOLをしているなんてもったいない。まぁ人生いろいろあると思いますが、 40代になっても続けたいね、年賀状マラソン。 仕事はもちろんリーマンではなく、鉄関係の職人を目指して働いているナタリーでした。」


2014(32歳)
「今年は書くのがスロースタートでした。でももちろん書くよ、絶対に。年賀状マラソンの決意を決めた、去年の年賀状。じぇ!じぇ!な内容に、体大丈夫?笑ったり心配させたりするつじさんの年賀状は自分にとって、最高のエッセイだよ。[あまちゃん]にハマり、漫画[新宿スワン]の終了にショックを受け、[競馬]から完全に足を洗い、ロトに夢を見る。そう、大人になれないナタリーです。だけど、年賀状は続けていくよ、まだまだずーっと」


2015(33歳)
「映画館で流れていたタバコCMをカッコイイと思っていた少年は、キャラではなく【不器用な人生】を生きることに…最近、金運上昇を期待して金魚を飼い始めました。ペットショップではなく、養魚場まで行く気合の入りようです。が、ロト6も馬券にも効果はいまのところ…パクパクと口を動かしながら泳ぐ姿は酒の肴としては楽しめるけどね。【同じ月を見ている】ってマンガが、不器用な男の生き様として泣ける、おすすめです」

2016(34歳)
「あの教室はもうないけれど、京成に乗って二人で止まった時間を動かしに行こうか?と言うことで、ナタリーです。
ブログ読んだよ。”年賀状マラソン”は二人で続けてきた平成の神話だけど(今の中高生には無理だよね)知らないところでつじさんの力になれたみたいで嬉しいなあ。ブログ楽しみにしてたよ。でも、才能が酒でおぼれているような気も!?去年の年賀状に書いてあった”夢”、悪夢になるかもしれないけど気持ちが変わらないなら、ぜひ」

2017(35歳)
「祝・年賀状マラソン20年目突入。15才の春に出会った二人も35才になりました。
制服姿だったあの子も今では人妻に…という事で結婚おめでとう。
つじさんの友人の脚本家と同じ学校を受験した19才の冬を思い出しました。
面接で【エロじゃなくて暴力映画でR−18になりたい】と熱く語り、不合格になったバカだったあの頃。
ずーっと言い続けてるけど、つじさんのエッセイストの才能は凄いからね。闘病ブログに笑いを持ってきた唯一無二の存在なんだから。ポンコツOLの芝レースからダート路線に行くのを待ってます。クロフネになってね。」

2018(36歳)
「小学生の頃、犬を飼いたかった少年は30代になり、魚(アロワナ)のベニオ君(4才)と生活することに…
好物はローソンセレクト、スモークタン。つじさんは犬派?猫派?馬という答えはなしです。
という事で、今年も続く年賀状マラソン、少し前から人目に晒され、観客の中を走ることに…
本当はつじさんからの年賀状が読みたいと思うんだけどなあ。
つじと違って、名前むずい、うまく書けない。つじさん、ポンコツなんかじゃない、スラム街船橋も悪くない」

2019(37歳)
「競馬はロマンと言われたオジュウの有馬記念、近所に住んでいるにも関わらず雨が降ったから不参加でした。徹夜をして開門ダッシュで席取レースをしていたあの頃の情熱はどこへ…
つじさんが通勤で同じ路線を使っていることを知る。
ドラマじゃないけど上下線ですれ違ってるかもね。自分も毎日乗ってる。
去年はアロワナ(ベニオ君)が星になったりと悲しい出来事もあった。「ポンコツ日記」も終了したよね。
自分のおすすめマンガは「ザ・ファブル」前作と違って女性支持も高いのでぜひ。シリアスな人間ドラマの中にシュールな笑いのある小説のような映画のような作品。マンガをバカにして月曜日の朝の幸せを知らない人々に知ってほしい。
正月の朝、ポストを開ける期待と不安。いつからかそれは信頼と安心に。
平成は終わるけれど年賀状マラソンは時代を超えていく。では。」

2020(38歳)
「『哀しみは、川に流して翔べ』哀川翔、なんてカッコイイ芸名なんだと、俺も翔さんのような不良中年になりたいなと思っていたあの頃。現実はナイスミドルにもオードリーにもなれず、薄くなる頭を見て、飛び込みもアクションもできないジェイソン・ステイサムになるのかなと不安になる今日この頃。
つじさん、俺は日向坂とかいう小娘に鼻の下を伸ばす情けない男になりました。
失敗も哀しみも笑いにして翔びたいね。」

2021(39歳)
「在宅ともテレワークとも無縁の青空ワークの日々の中で、休校中の小学生が『くねくね』と乗るボードに興味を持ち、『遊び心』も『勇気』も忘れてしまったけれど『ブレイブボード』の練習を始め、調子に乗って、そのまま39歳『スケボー』デビュー。
授業中に隣の子の笑顔が見たくてふざけていたあの頃。密になることなく日々は流れ、高校生だった自分も春には40歳になる。そんな近くて遠い二人のソーシャルディスタンス。」


2022(40歳)
「『宵越しの金は持たない』と本能のまま生きた20代、『堅実に生きよう』と長いフリーター生活から就職し、働き始めた30代、しかし人間そう簡単に変われるわけもなく『飛ばない豚は、ただの豚』というように
『芸人でないクズはただのクズ』ということで、『花束』とも『札束』とも無縁のまま『恋』をすることもなく、相変わらずアイドルとその番組MC若林に夢中になり、スケボーの練習したりする日々。
月日が流れ、住所や名前が変わったり戻ったり…。世間から見ればつじさんと自分は『ポンコツ』と『クズ』に見えるかもしれないけど、そんな傷だらけの人生を生きる二人は『足りない二人』
年賀状マラソン、40代突入です、いままでありがとう。そしてこれからもよろしく。」



、言う訳で。



年賀状マラソン2023_f0308281_12444260.jpg
年賀状マラソン2023_f0308281_10480629.jpg




今年の元旦もやっぱり年賀状は届いているのです。


2023(41歳)NEW!!!
「『推しは推せる時に推せ』と言うけれど、いつか来る日向坂46キャプテンの卒業に不安を感じたり、成長のないスケボーに悩んだりする日々…
『こんな40代でいいのか?』と思いつつ、今の会社で働き始めて10年が過ぎる。社会で働くと数学の授業よりも辛くてつまらない事が多いけど、そんな日々の中で初めての出会いや経験に小さな幸せを感じつつ今日を生きる。
『この味がいいね』と言った君を想う日高屋の夜。チゲ味噌記念日」



爽快で軽快、ナタリーの紡ぐ言葉はいつだって胸を打つ。

あの頃の自分と今の自分のギャップに歯痒くて、時には他人と比較したりして落ち込んだりすることもあるけれど、
ずっと変わらないものが自分の自信になったり、かけがえのない宝物になったりもする。



今年も穏やかに、ラジオを聴いてお笑いを見て、うまい酒を呑んで沢山笑って過ごしていきたいと思います。
目標は無駄遣いをしないことと、健康寿命を伸ばすための運動をすること。
あとは酒の肴のレパートリーを増やすことと、新しいサウナハットを買う事(買いなさいよ)


これを読んでくれたあなたにとっても、良い一年になりますように。


そう!そこの!そこのあなたのことだよ!

いつも気にかけてくれて有難う、愛してます!






◼︎ただの宣伝
LINEスタンプ各種を販売してます!頼む、使ってくれ!

LINEの着せかえも作りました!


↓いまだにランキングに参加しています。

バナーをクリックしてくれると喜びます、よろしくな!


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



by majissukaaa | 2023-01-01 13:30 | 年賀状マラソン | Comments(2)
Commented by まさと at 2024-01-03 12:04 x
つじさんお元気でしょうか
今年の投稿も楽しみにしております
Commented by sankyoudainohaha at 2024-01-03 23:25
つじさん、お元気ですか。
毎年楽しみに拝読しております。
今年の投稿も楽しみにしています。


<<      年賀状マラソン2022 >>