つじのポンコツ日記

majissukaa.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 19日

赤いクスリと緑のタイツ

初回の抗癌剤を投与後、白血球が急激に低下して入院もしたし、髪の毛もすっかり抜けた。
そんな中で会社復帰もしたし、仕事も忙しい時期だった。


疲れ切っていたけれど、割と重要なことを忘れていた。





まだ抗癌剤治療、これからじゃねーか!!!


そう。


エピルビシン(通称:赤い薬)は3週間に1回投与を4回。
その後、パクリタキセルは毎週1回投与を12回も打たなければならないのである。


長い道のりはまだ始まったばかりなのであった。

f0308281_21454878.jpg



初回の抗癌剤(赤い薬)は入院により投与を行った。
2回目からは病院に出向き、外来での投与となる。


抗癌剤を投与する際、事前に必ず採血を行い白血球の値を調べる必要があった。
※赤い薬の場合は毎回採血を行ったが、パクリタキセルの時は、採血しないこともあった


緊急入院の件もあったように、白血球の低下は身体に重大な影響を及ぼす。
抗癌剤を投与すると白血球の低下は避けられない副作用の為、事前に抗癌剤投与に耐えられるだけの白血球値があるかどうか調べる必要があるのだ。

f0308281_21454961.jpg


f0308281_21455090.jpg



目安は大体、2000から3000程度

これをクリアしなければ、せっかく病院に来たのに抗癌剤を投与することが出来ないのである。

◼︎参考
正常値:3500から9100
つじ健康体時:7000
つじ抗癌剤時:4000
つじ入院時:800
※戦闘力ではありません。だとしたら私は戦闘力5のゴミです。


私は幸い、治療中に白血球の値がクリア出来ずに投与に見送りになることは無かったのだけれど、患者さんの中には結構見送りになってしまうケースも多いようだ。


わたしは注射が得意ではないので、
この「毎回採血と抗癌剤の点滴、2回の注射をする」
という事が辛くて堪らなかった。


また、治療後半になると抗癌剤により血管内部が痛む血管炎の症状が深刻になり、血管が硬化し、両腕のどこを見ても採血出来る箇所がなくなってしまった。

おかげで手の甲から採血をする羽目になり、毎回泣きながら注射をされるという日々を送っていた。

どうでもいいけれど、採血がとても上手な人と、とんでもなく下手な人が居るのは、一体どういう訳なのだろう。
毎回、とても上手な猿みてーなオッサンを指名したかったです。

f0308281_21455077.jpg



血液検査の結果が出るまでには結構時間が掛かる。
ひどい時は1時間待たされることもあった。
病院の待合室で母親と、特にすることもなくダラダラと待つ。
(良い年して病院は毎回母親と通っていました)



検査の結果、白血球の値で合格を貰えると晴れて抗癌剤の投与となる。


f0308281_21455172.jpg

f0308281_21455137.jpg



何度となくお世話になった「化学療法室」
化学療法というのは、抗癌剤治療のこと。


普段、自分が病気になる前は気にも留めなかったが、基本的に総合病院であれば必ずあるはずの部屋、それが「化学療法室」だ。


この部屋の中では癌患者の方が点滴の投与を受けている。
自分が病気にならない限り、こんな部屋があるなんて知らなかっただろうな。


部屋の中は至ってシンプル。

f0308281_21455288.jpg


私の通っていた病院では、カーテンで仕切られたベッドが5つ配置されているのみ。

大きな病院だと、ベッドにTV等が備え付けられていることも多いらしい。

f0308281_21455384.jpg

f0308281_21455331.jpg


約2時間半の間、特にすることもないので書店員の友人お勧めの本を読んだり、友達とLINEでSASUKEオールスターズの事や深夜ラジオの事を語り合ったりするのがいつものパターンである。
(どんなパターンだよ)

投与は平日の昼の為、連絡を取り合えるのはカタギではない友人のみである。

f0308281_2145578.jpg


※余談ですが、書店員がくれた本の中でも、西加奈子と津村記久子の本は特に面白かったです。


そんなわけで片手に点滴が刺さっている為、若干不自由もあるが、途中でトイレにも行けるし、時間はあっという間に過ぎた。


たった2時間半の点滴、思えば猛毒が身体の中に注入されているなんて実感は余り無かったのかも知れないな。


こうして2回目の、外来では初めての抗癌剤投与は終わった。


ところで。
抗癌剤治療中の2年前といえば血迷ってエキセントリックなファッションをしていた時期だったので、病院内の抗癌剤投与者の中で私は若干浮いた存在であった。

f0308281_21455529.jpg

f0308281_21455692.jpg



年齢が若めだという事もあり、嬉しいことに看護士さんには可愛がっていただいた。
ネイルを褒めて貰ったりして、私は完全に図に乗っていた。
天狗になった人間ほど醜い者は居ないというのに…。



しかし院長は、そんな私の天狗の鼻をいつも片手でへし折ってくれた。



f0308281_21455569.jpg





なんで、年配の人って、タイツのこと「靴下」って言うんだろうか?




f0308281_21455620.jpg




ま、いいけど。





◼︎お知らせ
PC用の閲覧画面にtwitterを表示させてみました!
お気軽にフォロー願います、つじの下らない日常しか垂れ流しておりませんので、有益な情報は皆無です。




↓ランキングに参加しています。
8月1日から始めた禁酒がなんと続いています。
褒めてください!ビール奢ってください!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

# by majissukaaa | 2014-08-19 21:33 | Comments(49)
2014年 08月 10日

目に染みる臭さ

前回の記事のコメントで、ヅラの洗い方について言及されている方がいらっしゃいましたので、今回は急遽テーマを変えて(元々決めているテーマもないという事実)ヅラのメンテナンスについて綴ろうと思います。



私は抗癌剤投与中も普通に会社勤めをしていた為、ヅラの着用時間が大変長かったのであります。


そこで避けては通れぬ問題となるのはコレ。

f0308281_14415036.jpg


そう、バッドスメル!!

f0308281_14415112.jpg



悶絶。
中年男性の香りが自分から漂う。
なんと言うか、シンプルに泣きたい。

f0308281_14415249.jpg



特に滑り止めのウィッグネットは、直接地肌に着用するので皮脂と汗の混ざり合った攻撃力の高いエキス(通称:つじ汁)が一日をかけて容赦無く染み込む。


帰宅後のそれは、もう形容しがたい悪臭を放っているのである。

「嗚呼…目に染みる臭いって本当にあるんだな…」

f0308281_14415224.jpg



物憂げに遠い目をしている暇もなく、すぐさま頭から引っぺがしてブン投げる。


ウィッグネットは予備も含めて2つは常備していた為、基本的には毎日洗っていた。


わたし流の洗い方をご紹介します。

f0308281_14415357.jpg

f0308281_14415338.jpg


洗面台に水を貯め、衣類用洗剤をひと摘み投入。

f0308281_14415481.jpg


素手でかき混ぜて、何となくネットを優しく揉んだり揉まなかったり。



流水で流してタオルドライ。

f0308281_14415570.jpg

f0308281_14415582.jpg



ウィッグスタンドに掛けて暗所に放置。

以上となります。

最初は洗濯したりしてみたのですが、傷むし、なにより毎日面倒なので、最終的にこの方法に行き着いたのであります。
今思えば素手なので驚くほどに手が荒れました。

f0308281_14415684.jpg


そして、肝心のヅラ本体はといえば、実は意外と簡単には臭くなりません。
ネットを被っているせいもあるけれども、皮脂や汗の影響は受けにくかった(わたしの場合は、です)

直接触れる前髪の部分はどうしても脂っぽくはなりやすいのですが、それはそれ、これはこれです。


一緒に呑んでいる人の煙草の臭いや、お好み焼きや揚げ物などの食べ物の臭いや、泥酔して立ちゲロした時の自分の臭いなどが蓄積されていくのである。

f0308281_14415690.jpg



それらが蓄積され、もうどうしようも無く臭くなった段階ではじめて洗おうと決意をする。

なので、2週間とか3週間に一度位しか洗いませんでした(洗わなすぎ?私だけでしょうか。)


f0308281_1441578.jpg



水を貯めた洗面台に、お湯で溶いたシャンプーとトリートメントを数プッシュずつ投入して(1対1)攪拌します。

トリートメントは水だと驚くほどに分離するため、あらかじめお湯で溶きます。

まず、裏返したヅラを揉んだり揉まなかったりします。
内側の縫い目を中心に洗います。

f0308281_14415758.jpg



そして表にひっくり返して押し洗いです。
ゴシゴシしません。絡まるし傷む。あとはなにより面倒くさい。


流水で優しく何度も洗い流してからタオルドライ。
ウィッグネットと同様にスタンドに掛けて暗所に放置です。

f0308281_14415816.jpg



ちなみに、いずれもドライヤーは使いません。
自然乾燥をオススメします。


また、ヅラについては一晩で乾くか微妙なので仕事が休みの前日に洗うようにしていました。
会社に行かなければならないのにヅラが乾いていない恐怖を思うと、とてもじゃないけど仕事の前日に洗うことなんて出来やしませんでした。



でもこれ、全て自己流なので、皆さんがどうやってメンテナンスしているか気になるところ。
私の洗い方だけが突出してエキセントリックだったらどうしよう…。


恥を忍んで皆様にお届けした次第です。


今はまさにヅラ者にとって試練の季節。

オススメのメンテ方法がございましたら、是非とも情報交換して頂ければ、わたしは幸せでございます。




◼︎お知らせ
PC用の閲覧画面にtwitterを表示させてみました!
お気軽にフォロー願います、つじの下らない日常しか垂れ流しておりませんので、有益な情報は皆無です。




↓ランキングに参加しています。
ふと思い立って、8月1日よりなんと禁酒しています。
その代わり、コーラとジンジャーエールとデカビタと炭酸水をガブ飲みしているので、別の病気になりそうです。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

# by majissukaaa | 2014-08-10 14:27 | Comments(40)
2014年 07月 30日

謎の流血

ヅラ着用での社会生活をはじめて数日。


後頭部に痛みとも痒みとも言えない妙な違和感を感じるまでに、そう時間は掛からなかった。

f0308281_222573.jpg



なんだか…

後頭部…というか、両耳の後ろが痛いような気がしたのである。

痒いような、でもピリピリと痛むような感覚。

その答えはこれだった。

f0308281_2225852.jpg

f0308281_2225974.jpg



ヅラの仕組みとして、後頭部にサイズ調整のアジャスターが付いているのだけれど、強度を補強するために襟足部分だけ生地と縫い目が厚くなっているのだ。

f0308281_2225958.jpg



そんな生地と縫い目の厚さにより、地肌への当たりも強く、靴擦れの要領で耳の後ろを中心とした後頭部に「ヅラ擦れ」が起こっていたのだ。

f0308281_223325.jpg


仕事に集中出来ない位に、痛痒さがピークに達したため、思わず鏡で後頭部を確認する。

f0308281_223053.jpg

f0308281_223087.jpg

f0308281_223166.jpg

f0308281_22316.jpg

f0308281_223265.jpg






りゅ、流血してるじゃねーの!!


いや、どうりで痛い筈だわ。
流血しちゃってんだもん。

※流血の表現がマイルドなのは、単純に絵が下手だからです



昔は、グレート小鹿でお馴染みの大日本プロレスを始めとするデスマッチのプロレスも好んで観戦していた為、流血への耐性は強いと思い込んでいたけれども、自分の事となれば話は別。



こんなにヅラ擦れして血が出ちゃってるところに、またヅラなんて被れない。
同じところに分厚い縫い目が当たって余計に痛くなるだけ。
自ら死に向かうようなもの。
それはとても愚かな行為である。

f0308281_223353.jpg



絆創膏を求めに、Nさんの元へ半ベソで向かう。

f0308281_223482.jpg

f0308281_223585.jpg

f0308281_22362.jpg

f0308281_223620.jpg

f0308281_2231194.jpg


f0308281_2231024.jpg

f0308281_223820.jpg



さすがに…


さすがに…それはお願い出来なかった…

f0308281_223839.jpg


それ以降、耳の後ろに絆創膏を貼ってからウィッグネットを被り、ヅラを被る生活が始まるのであった。


この生活は、初代のヅラを着用している間はずっと続いたのだけれど、二代目のヅラになったら、なんだか収まりがよくヅラ擦れによる流血も嘘のようになくなったのであった。


で、いまこの文章を書いていて2年振りに、ふと思った。


もしかして、ヅラがずれるのを恐れてアジャスターを絞り過ぎていたのが原因だったのでは。


思えば、最小サイズまでギュウギュウに絞ってヅラを被っていたのだけれど、キツ過ぎた気もしてきた…今更だけど…孫悟空の頭を締め付けるアレのような…






ま、いいか。





◼︎お知らせ
PC用の閲覧画面にtwitterを表示させてみました!
お気軽にフォロー願います、つじの下らない日常しか垂れ流しておりませんので、有益な情報は皆無です。




↓ランキングに参加しています。
夏の予定は会社のBBQ大会のみです。
ちなみに夏休みもありません。泣いてなんかいません。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

# by majissukaaa | 2014-07-30 21:46 | Comments(36)
2014年 07月 22日

四角いジャングル

母親の「あら、似合うじゃない」という多くは語らない言葉に見送られながら、ヅラを被って初めての出勤を迎えた。


マンションのエントランス、エレベーターの扉、コンビニエンスストアの鏡、自分の姿が映るもの全てが気になって確認してしまう。


ズレてはいないだろうか。
バレてはいないだろうか。



兎に角、人の目がこわいという強迫観念。

マリオカートのゴーストのようにずっと追いかけてくる。


わたしは今でもよく鏡で髪の毛をチェックしてしまうのだけれども、これは美意識ではなくて、ヅラ時代の名残りで抜けきれない癖なのである。

f0308281_1511594.jpg



そんな風に、人の目に怯えながら会社に出勤した。

f0308281_1511634.jpg


f0308281_1511621.jpg



皆になんて思われるだろう。
不安で居るところに、別部署のお姉様に声を掛けられる。

f0308281_1511710.jpg



!?


過剰に反応して裏返った声で返事をしてしまう始末。

f0308281_1511825.jpg







あれ、意外とバレないもんだな…

f0308281_1513441.jpg



そして、事情を知るNさんの優しい言葉に思わず涙する。

f0308281_151198.jpg



途中、何度もトイレに行き、鏡でヅラずれチェックを実施。
若干ずれていたりなんかして、その度に微調整を行う。

しかし、ヅラは意外とフィットしていて、仕事が忙しい時期ということもあり、自分でも頻繁に構っている暇は無くなってきた。


が、ここで大きな問題がわたしを襲う。


季節は春、4月下旬である。

f0308281_1513167.jpg


f0308281_1513154.jpg



汗が…


あ、汗が止まらんのですよ、奥さん!!


ヅラの内側からツーっと滴る汗、汗、汗!!


家では何度も被る練習をしていたのだけれど、実際に長時間外で被るのはこれが初めてだった。

舐めてた。

蒸れる。
暑い。
痒い。


気にすれば気にするほど、ラッキョ頭から吹き出す汗(ラッキョ汁)は止まらず、その度にトイレという名の四角いジャングルへエスケープ。

f0308281_151326.jpg


個室でヅラを外して、クールダウン。
ハンカチで頭を拭いて、再度ヅラを装着。


そんな事を繰り返していた。


まさか会社の同僚も、私がトイレでハゲ頭全開で鎮座していただなんて夢にも思わなかったであろう。
私だってまさかそんな事になるとは思っちゃいなかったよ。


f0308281_1513390.jpg



余談になるが、会社の同僚であり大切な友人にボリショイちゃんという女性が居る。

※名前の由来は、女子覆面プロレスラーの「コマンドボリショイ」という選手に、小さい体躯と目が似ていることからです。外人さんの様なクリクリとした目です。各自でJWP女子プロレスのページを検索してください。

f0308281_1513352.jpg



ボリショイちゃんは、病気が発覚した時に呑み屋で泣いて大騒ぎしてくれたり、病気平癒の御守りをくれたり、事情を知らない人達がヅラのオッサンの話題をはじめたら話を逸らしてくれたりと、
とにかく素敵で良い子なんですけど、いきなりヅラを触られた時はどうしようかと思った訳ですよ。



でも、こういう人達のお陰で私は頑張れたし、辛い時も色々と笑って過ごせたのだと感謝をしている。


今なら素直に言えると思う。
「ありがとう」と。



あと、
この前いきなり私に向かって「このブス!!」って叫んだこと、あれまだ許した訳じゃないからな。



大好きだよ、バカヤロー!




◼︎お知らせ
PC用の閲覧画面にtwitterを表示させてみました!
お気軽にフォロー願います、つじの下らない日常しか垂れ流しておりませんので、有益な情報は皆無です。




↓ランキングに参加しています。
目標にしていた週1回の更新が遂に今回果たせなくなりました。
理由はグータラし過ぎであったという説が有力です。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

# by majissukaaa | 2014-07-22 14:49 | Comments(44)
2014年 07月 08日

前夜の憂鬱

その夜、わたしはオロオロしていた。

f0308281_19263596.jpg



兎にも角にも、もう、とんでもなくオロオロしていたのだ。

f0308281_19263773.jpg

f0308281_19263763.jpg



意味もなく部屋を徘徊。
落ち着きがなく、目の焦点は定まらない。
供述は意味不明。
全く手に負えない状態であった。

f0308281_19263860.jpg

f0308281_19263933.jpg

f0308281_19263927.jpg



そう。

遂に、翌日からヅラを装着して会社に出勤しなければならなかったのだ。

初回の抗癌剤投与から約1ヶ月後の出来事。
2012年4月下旬の出来事。


高級医療用ネットによりヅラずれ問題は何とかクリアしたとは言っても、それはそれ。これはこれ。ヅラはヅラである。


今まで自分が健康な人間として生活している中で、ヅラをお被りになられた男性などを目にすることも多々あった。


誤解を恐れずに正直に言う。
友達と影で茶化したりしていた。


「あの人、ヅラじゃない?」

「プププ、本当だ」

「バレてないと思ってるのかな、ププー」

「今日風が強いからヤバイよね、ずれちゃったりして!」


最低なことだ。

あの時の自分にドラゴンスクリューをかましたい。
(どんな技かは各自検索して下さい、因みに受け身が巧くないと怪我します)



自分が同じ状況に立ってみて思う。

f0308281_19264099.jpg



「人の目が、こわい」



同じように影で何かを言われるんじゃないか。
そんな恐怖に怯え、耐えながら、1年以上も生活出来るんだろうか。


前夜の憂鬱は得体の知れない化け物になって、わたしの頭と身体を支配する。

f0308281_19264085.jpg

f0308281_19264111.jpg

f0308281_19264255.jpg

f0308281_19264214.jpg

f0308281_19264324.jpg



眠れない。




何度も起きては、ヅラを被って確認。
それはもう、何度も何度もリハーサル。

f0308281_19264438.jpg



(大丈夫だよね、バレないよね、バレても平気だよね)


言い聞かせても憂鬱は襲う、容赦なく。


f0308281_19264487.jpg

f0308281_1926453.jpg

f0308281_19264674.jpg



結局、まともに眠れないまま朝を迎えた。



母親には不安な顔を見せてはいけないと思い、明るく振る舞う。



泣いても笑っても、今日からヅラを被って会社に行かなければならないんだから腹を括らないといけないんだ。




っていうか…



どうでもいいけど…


f0308281_19264788.jpg



めっちゃ寝不足!!!


むしろ、寝不足で顔がブスなのを陰口叩かれるレベルなのであった。





◼︎お知らせ
PC用の閲覧画面にtwitterを表示させてみました!
お気軽にフォロー願います、つじの下らない日常しか垂れ流しておりませんので、有益な情報は皆無です。




↓ランキングに参加しています。
私の仕事が出来すぎるせいか、出来なさすぎるせいで仕事を任せられないか、どちらかだと思うんですけれど異動先の部署がいまのところそんな忙しくないのでこの隙に更新頑張ろうと思う次第でござります。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

# by majissukaaa | 2014-07-08 19:19 | Comments(34)