<   2016年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2016年 06月 17日

ボロを纏って


ウィッグを着用していた時期、妙に気にかかることがあった。


f0308281_22383439.jpeg



最近のファッションウィッグは実に良く出来ており、作りは丁寧だし毛艶も素晴らしく申し分のない仕上がりである。


f0308281_22382371.jpeg


しかし、地毛が病気の小鳥のようにボサボサの自分からすると、その毛艶の良さが逆に居心地が悪かった。
ただでさえヅラを被っているという負い目があることに加えて「あいつ頭ツヤツヤすぎわろた」等というような
陰口を叩かれていたらどうしよう。
挙句、私の母方の田舎が山形県であることに掛けて、会社内で「ツヤ姫」などというアダ名を付けられて
馬鹿にされたら泣くに泣けない。
(つや姫については各自WEBで検索し自己解決してください)


私は完全に疑心暗鬼の沼に嵌ってしまった。


インターネットで、「新品のウィッグに使用感を出し自然に見える方法」を片っぱしから検索した。
主にコスプレサイトなど、ウィッグの使用に慣れている方の意見は大変参考にさせていただいた。


様々な手法を目にしたが、その中でも効果を期待して実際に試してみたことをご紹介しようと思う。

f0308281_22373350.jpeg

制汗スプレーをかけ、ツヤを抑える技は頻繁に行っていた。
この方法は、ウィッグの表面が自然なツヤとなり上々の効果を得られたと思う。


仕事の合間に女子トイレで頭に制汗スプレーをぶっかける生活を暫く続けていた。
頭から常にフレッシュフローラルの香りを発していたOLが千葉県内に居たらそれはあたしです。


ただ、制汗スプレーについては正直、一時的に表面をコーティングするだけなので効果は持続しなかった。
ウィッグを洗えば、当然またツヤツヤピカピカに逆戻りしてしまい、「ツヤツヤで不自然かな…」の
負のスパイラルに突入してしまうのであった。

とにかく、どうにかして使用感を出し不自然な艶を少なくしたい、その一心だった。

今思い出すと、完全に乱心としか言いようがないのだけれど
ウィッグを床に叩きつけたり、時には足蹴にするような暴挙に出たこともあった。


f0308281_22370044.jpeg
f0308281_22380195.jpeg




ボロボロになったウィッグを片手に不敵に微笑む姿は、もはや誰の手にも負えないのだけれども
当時の私はとにかく必死だったので、どうか勘弁していただきたい。


f0308281_22381336.jpeg



そして結果的に、割と早い段階で二代目ウィッグを購入する羽目になったのであった。


その話はまた次の機会に。





◼︎お知らせ
PC用の閲覧画面にtwitterを表示させています。お気軽にフォロー願います。
つじの下らない日常しか垂れ流しておりませんので、有益な情報は皆無です。
携帯からはこちらでござんす!

◼︎ただの宣伝
LINEスタンプ販売してます!120円です、宜しければ!こちらから購入できます!

ランキングに参加しています

バナーをクリックしてくれると大変嬉しいです。

皆さま大変ご無沙汰しております。引越しをして荒川区民になったり、テーブルにぶつけて足の指を骨折したり、深夜ラジオを聴いたりお笑いライブに行ったりしていたらいつの間にか梅雨入りしていました。最近特に大好きな芸人はルシファー吉岡、終了した時に悲しすぎて泣いた深夜ラジオ番組はアルコアンドピースのオールナイトニッポンです。

皆さま、元気にしていますか?色々ありますが、わたしは元気です。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村





by majissukaaa | 2016-06-17 23:51 | Comments(48)