つじのポンコツ日記

majissukaa.exblog.jp
ブログトップ
2014年 02月 09日

君はマンモグラフィーをしたか

私の癌の診断は「針生検」で確定されました。

針生検とは…
局所麻酔をした胸に注射器のようなバネ状の器具を刺して採った細胞を調べるという方法のこと。

これにより、2012年2月10日の診断で「2.4センチ」の癌であることが分かりました。

針生検は、通常の検診で行うことは珍しいため一般的に乳癌の検診は「マンモグラフィー」というX線検査が行われます。


私も、このマンモグラフィーを2011年に一度、癌確定診断を受けた後に手術予定の病院での検査で一度、合計二度受けたのだけれど、これが大変なトラウマとなっていて、今思い出すだけでも貧血で倒れてしまいそうなレベル。


これから検診を受ける予定の方、怖がらせてしまったらごめんなさい。
でも、私の友達などは痛みもなく平気だと言っていたので、こんなケースもある、程度に読み流して貰えればと思います。


ちなみに、二度受けたマンモグラフィー検査は共に女性の技師さんでした。
いまは女性の技師さんが結構居るみたいです。
男性の技師さんに乳を潰されるのを想像すると泣きたくなるので、また検査する事があれば(定期的にやるのだろうけど)女性の技師さんをリクエストしようと思いました。



2011年の検査のこと。

上半身裸になり検査着に着替える。

f0308281_2129622.jpg



このような平らな板とガラスのような板の間に乳を挟んで検査します。

f0308281_2129644.jpg



この板は回転するようになっており、乳を縦、横のそれぞれに挟んで検査できるようになっています。
左右の乳を縦横2回、合計4回撮影します。

f0308281_2129785.jpg



これが…
大変な激痛です…

ペチャンコになるまで潰される訳なのですが、
ちょっと私の知り合いの人は想像して欲しい。


純真な、あどけない、第二次性徴の途上であるような…
一言で言えば中学2年生から一切成長していない少年のような身体の持ち主である私の薄い胸をどうやって潰すというのか。


かつて付き合っている人に「犯罪を犯しているようだ」と発言された逆ダイナマイトボディの私にとっては、マンモグラフィー検査は大変な苦痛で、思い出すだけで辛い。


さきほど、「私の友達などは痛みもなく平気だと言っていた」と書いたのはそういった理由で、一般の女性らしい身体の持ち主であればきっと痛みは少ないんだと思う。

ちなみに、乳房の全摘出をした母親も定期的にこの検査を受けているのだけれど、摘出した側も検査するんだそうで、その痛みは想像を絶するものがある。

このようにはならず

f0308281_2129722.jpg


こうなるわけで(胸の大きさに注目、盛ってますが)、当然ペチャンコ状態にする為の肉を集めるだけで一大事。

f0308281_2129864.jpg




女性技師さんも頑張ってくれるのだけれども、いかんせん私のペッソリボディー(造語)

痛みの後、
手足の血の気が引いていき、
目の前が真っ白になった。

f0308281_2129924.jpg



次の瞬間、私は上半身裸で病室にぶっ倒れていた。

f0308281_21291089.jpg



脇から滝のような汗を流し、顔は真っ青、手足は冷たい。
そして号泣。ゴミのような状態で車椅子で運ばれる。


f0308281_0114511.jpg


本来であれば左右の乳を縦横2回の合計4回撮影するところだが、1回目でこの有様である。
検査の精度は落ちるが、縦1回づつを何とか撮影して終わった。


ちなみに、2012年に受けた検査でも、同様にぶっ倒れた。

実に情けない。


今月、病院に検診に行くのだが、
手術後まだ一回もしていないマンモグラフィーもやるのかどうか、今から不安で仕方がない。

f0308281_0114530.jpg



どうでもいいけど、あの滝のような脇汗は一体なんだったんだろうか。





それでも、マンモグラフィーは受けましょう!
ポチッと押してくれると更新の励みになります↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

by majissukaaa | 2014-02-09 21:15 | Comments(4)
Commented by ピヨ子 at 2014-03-21 15:46 x
分かります、分かります。私も同じでした。
なので術前のマンモグラフィーは断固として拒否しましたし、
今後も拒否していく所存です。
痛くないマンモが日本中で標準装備、いや、私の病院に導入されるその日まで
マンもは金輪際受けるつもりはありません! 殺される!!!
Commented by majissukaaa at 2014-03-22 22:25
>ピヨ子さん
コメント有難うございます。
同志が居て嬉しいです!
実は余り周りに同調してくれる人がおらず、私だけ?なんて思って不安だったんです。

断ることも出来るんですね!私も次回やることになりそうだったら相談してみようかと思います。
またパンツ一丁で気絶は勘弁ですー!
Commented by とんじゃ at 2014-04-16 22:04 x
わたしも胸の身分がすっごく低いので、マンモは毎回死ぬかと思うくらい辛かったです。毎年そんな思いしてやっていたのに、がんを発見できず、tまたま去年受けたエコーで発見。
挙句の果てにお医者さんに「エコーやってたら、去年の段階で何かしら映っていたかもね~」と言われた日には…。もうじぇったい受けたくないよぅ。
Commented by majissukaaa at 2014-04-17 21:37
>とんじゃさん
なんと…同志ですね…!
いや、本当にあんなに辛いものを皆よく普通にやってるよなぁと感心します。
しかも、マンモでは発見出来ず、エコーでたまたまですか…!?
理不尽過ぎる…。辛いですね。

わたしも次回からは断固拒否の姿勢を貫こうと思います!


<< 治療方針に悩む日々      このブログについて >>